Never too late. Go for it!

イノベーション、リーダーシップ、そしてキャリアについて考える
(最近は、マネジメント、マーケティング、資産運用もちょっとずつ)
[BOOK]住友銀行秘史

 

大企業エリートの保身と権力闘争。派閥があって後ろ盾となって、が必要なんだなあ。

| 10:20 | power | comments(0) | trackbacks(0) |
働き方改革とは成果が明確に定義されること
http://blog.tinect.jp/?p=36441

盲目的な忠誠心を示す必要がなく、成果で測られるには運不運も含めて割り切れる部分はあるからフェアだと捉えてはいるけれど、自分の不安の大部分はその「成果」を挙げられるにかどうか。実力不足だからなのもあるが、一方で何が「成果」か極めて曖昧で責任と権限がセットになっていないこともあるし美辞麗句が並んでいるだけのこともある。 そうか。逆に言えば、その成果が明確に定義されていて、それを達成するためのリソースも与えられているかどうか、それを達成した後にさらにやりがいのある成長を期待できる機会を掴めるのかどうか、で職場を見極め選んでいけばいいというシンプルなことか。 成果が曖昧で忠誠心が中心に据えられている職場は淘汰されていくんだろうな
| 21:34 | diary | comments(0) | trackbacks(0) |
[BOOK]これから始まる「新しい世界経済」の教科書

 

富裕層を優遇すると、それが中間層にも波及する(滴り落ちる;トリクルダウン)ので、経済全体が反映する

という、サプライサイド理論(新自由主義とほぼ同義)は、貧富の差を拡大しただけで、米国を疲弊させていると説いていた。

 

これから経済発展と国力回復・増強には、中間層(労働者)への手厚い保護こそがが良薬とも。

| 15:23 | diary | comments(0) | trackbacks(0) |

| 1 / 354 | >>
CATEGORIES
FEEDS
SEARCH THIS SITE
カスタム検索
RECOMMENDATION

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES

LINKS

無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ