Never too late. Go for it!

イノベーション、リーダーシップ、そしてキャリアについて考える
(最近は、マネジメント、マーケティング、資産運用もちょっとずつ)
転職して2年経ち
転職して今迄のしがらみから抜け、昇進競争から脱落した故の袋小路から道が拓けたけれど、同時に何も社内で頼れる相手も社内での評判も信頼もないからゼロからスタート。それも本社と現地で上手く回らない阻害要因を特定し除去することで事業拡大/経営改善する役割だから全てが非定型業務。

この環境下では各本社組織に非公式情報も取れて彼らの主張や本音を探り打開策を見出すことや、全社の戦略はもちろん、社内政治力学や風向きも把握した上での落とし所や時機を見極めるのも手腕だから、外様でいきなり成果を挙げるのはハードルが高い。過去の経緯なんかも知っておく必要があるし。
もうひとつは、仕事のアサインは過去の実績から任せられるかどうかを判断されてるという点。当たり前だけど。スキルが資格として明示され、経験ノウハウが過去案件での経営インパクトとして明示されるのも大事。特に後者は幹部の印象で決まることが多いので積み上げがないと俎上に上らない。

だから自分の強みに繋がる案件には少しでも関われるなら積極的に掴み、求められる以上の内容と迅速さで発信していくことが生き残る上で必要な所作だと痛感している。前職では新卒だったから人脈も社内力学も自分の評判も長く勤めることで着実に積み上げていたのだと。
これからはひとつひとつの仕事で、どんな経営インパクトをもたらしたかを数値で語れること、それを達成するためにどんなこうかてきな工夫を自らしたのかを簡潔に語れること、そのスキル経験はポータブルで応用可能だと示すこと、を強く意識して日々取り組み、案件ごとに文字に起こしておくのが必要だな。
そして、その予選でのフィルタを通過するためにスキルを証明できる認定などを取っておくのもテクニックとしては重要だろう。今更MBAに金と時間はかけられないから、EDxかCourceraで受講認証を取るのがよいかな。次は外資系が選択肢だろうし。
| 14:06 | career | comments(0) | trackbacks(0) |
[BOOK]サブスクリプション・マーケティング

 

最近、求人募集で、Customer Success Managerのポジションをよく見かけるようになった。既存顧客を担当してアップセルを狙うアカウント営業の言い換えかと思っていたが、SaaSベンダは皆、この名称で呼んでいるようだ。そんな時に、本書を知り手にとってみた。

 

確かに、SaaSは、売り切り(=期間を定めない使用許諾)ではないので、どれだけ継続してもらうかが重要。B2Bならば月単位ではなく年単位の契約であることは多いが、2−3年継続してもらわないと新規ユーザ獲得費用を賄えないと聞いたこともある。

 

継続してもらうのに最良の方法は、ユーザがそれを使うことにより、目的を達成できること。そのためには、使用開始したら十分に使いこなせるよう様々なサポートを提供するのは理に適っている。さらに、どれだけユーザが成功しているのかどうかをサービスの使用頻度等を数値で可視化することで、顧客側が目的達成に向かって取り組んでいるということを間接的に気付かせ、当該サービスへの満足度を実感するというのも納得。

 

また、そのサービスを使う「意味」を感じてもらうことで、継続使用を促しているのも、今の時代ならではなのかもしれない。経済的価値だけでなく、自分のが重要と感じたり賛同できる価値観を体現しているサービスを使いたいと思うのだろう。

 

これらの諸活動を、Value Nurturing(価値の育成)と名付け、それを成功させるには、部署の垣根を下げ、全社で価値観に基づいたユーザ対応することがポイントだと説いている。サブスクリプション・モデルでは、その会社のサービスを使うことでの満足感が大事だからと。そして、経営陣の意識もマーケティングも、新規ユーザ獲得だけでなく、このバリューナチャリングによる顧客の維持(リテンション)を同じ重要度で取り組んでいくことが成功の鍵だとも言っていた。

 

通信サービスやアウトソーシング事業などは、元々サブスクリプション・モデルだったので、これらの考え方で顧客対応してきただろうから目新しい考え方ではないかもしれないが、アフターサポートと称し、あまり重要視してこなかったようにも思う。再度、このバリューナーチャリング活動として、現行の取り組みを再定義してみると何か変わるかもしれない。

 

| 17:26 | innovation+marketing | comments(0) | trackbacks(0) |
[BOOK]スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで

 

Steve Jobsの本はiConを読み、Iveの本も読んだが、Appleを追放され、NeXTで失敗し、Pixerで成功し、Appleに戻って、今の繁栄を築く、そのどん底からどう這い上がって復活したのかが分かると聞き、手に取ってみた。

 

自らが全知全能の神であるがごとく振る舞って全てを失い、真に才能ある人々をどう協働するのかを知り、自分の最も得意なところに集中していく。家族を持ち、子宝に恵まれたことも影響しているのかもしれない。

| 11:57 | innovation+marketing | comments(0) | trackbacks(0) |

| 1 / 360 | >>
CATEGORIES
FEEDS
SEARCH THIS SITE
カスタム検索
RECOMMENDATION

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES

LINKS

無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ