Never too late. Go for it!

イノベーション、リーダーシップ、そしてキャリアについて考える
(最近は、マネジメント、マーケティング、資産運用もちょっとずつ)
[BOOK]これから始まる「新しい世界経済」の教科書

 

富裕層を優遇すると、それが中間層にも波及する(滴り落ちる;トリクルダウン)ので、経済全体が反映する

という、サプライサイド理論(新自由主義とほぼ同義)は、貧富の差を拡大しただけで、米国を疲弊させていると説いていた。

 

これから経済発展と国力回復・増強には、中間層(労働者)への手厚い保護こそがが良薬とも。

| 15:23 | diary | comments(0) | trackbacks(0) |
[BOOK]税金亡命

 

プライベートバンカーに続き、読んでみた。なるほど、こうやってキャッシュを海外に持ち出したり、持ち込んだりするのね。カジノを名目にして。でもこれは香港がタックスヘイブンで、マカオのカジノが近いから、それっぽく聞こえるのであって、日本にカジノができても、資金は集まるわけではないんだろうな。

 

| 15:13 | diary | comments(0) | trackbacks(0) |
ミッション、ビジョン、バリュー、そしてタレントマネジメント

1ヶ月程前に、グローバル経営に関する研究をする会合に参加させてもらった。

 

その回のテーマは、「Talent Management」

企業の成長力や競争力の源泉はやはりヒトで、そのポテンシャルを企業として最大限に引き出すことが大事だから経営の仕組み自体にどう組み込むかがポイント。実践していると自称する企業でも、実は「Succession Management」であり似て非なるものであったり、幹部候補の早期選抜であって実践範囲が一部に留まるなど、取り組みに濃淡もある。

 

先進事例はGEやIBM。

キャリアは自分自身が責任を持ち、企業側はそれを尊重し速く大きく成長したいと考える社員には、ギリギリ達成できるかどうかのストレッチした機会を与える。マネージャの責務として部下の成長があり評価項目になっている。成長を希望するのに18ヶ月以上現職にいる部下がいると、キャリア開発を怠っているのではないかと人事部がマネージャに確認を求める。だからマネージャは部下が成長できそうなポジションに空きがあるかどうか常にアンテナを張っているし、空きが出るとそのポジションの責任者に部下が適任だと売り込むらしい。

 

そもそも人事部には個々の社員の人事異動や評価昇進は職務範囲外であるし、転居を伴う異動や赴任は本人の同意なくして成立しないという雇用常識が根底にある。そして、最も重要なのは、自社のミッションとビジョンをしっかりと定め、それを実現していくにあたり大事にしたい価値観はどんなものなのかを明確にしておくことだと言う。それに合致した人だけを雇用するし、そこのミスマッチは他の社員にも悪影響だし、そもそも社員のキャリア開発には、そのミッション、ビジョン、バリューと合っているからこそ会社は支援しうると考えている。

 

確かに、この企業は世の中どう良くしたいのか、そのためにはどんなことに重きを置くのかといった与件の中で、自分はこの環境を活かしてどう成長させたいのか?と考えていかないと、単に報酬や昇進や待遇などの内向きで受け身な雰囲気になってしまうかもしれない。

 

さて、自社を振り返り、掲げられているミッション、ビジョン、バリューは、腹の底から信じられる使命、実現したい未来、常に自身の行動の拠り所となる価値観だろうか? これが、志を同じくするメンバーで集い立ち向かっていくということなのだろう。

 

| 19:13 | leadership+management | comments(0) | trackbacks(0) |

| 1 / 353 | >>
CATEGORIES
FEEDS
SEARCH THIS SITE
カスタム検索
RECOMMENDATION

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES

LINKS

無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ