Never too late. Go for it!

イノベーション、リーダーシップ、そしてキャリアについて考える
(最近は、マネジメント、マーケティング、資産運用もちょっとずつ)
<< はてなブックマークにYouTube人気リスト | TOP | やはりBLOGとSNSは融合していく >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
日本第2位のSNS
知人とSNSについて話していて、「1位はmixiダントツだけど、2位はどこだか知ってる?」と聞かれた。GREEかLivedoorフレパかと答えたのだが、実は違うそうだ。
モバゲータウンが第2位らしい。
DeNAが運営するケータイゲーム&SNSとのこと。同社サイトによると、
本格的なリアルタイム対戦ゲームから手軽なミニゲームまで、公式ゲームサイト並の高品質なゲームを無料で楽しめるサイトです。ユーザはメール、チャット、日記、掲示板、サークル機能(同一の趣味等を有するコミュニティ)など、SNSやブログと同様のコンテンツも無料で楽しむことができるなどコミュニティ機能が充実していることも特徴の一つです。
サービス開始後、一日 3,000人以上のペースで会員が増加し、わずか26日間で10万人の会員を有するサイトへと成長しました。「モバオク」や「ポケットアフィリエイト」などの各サービスの強力な媒体力やユーザ資産を有効利用して集客を行った事が勝因となっていますが、現在もユーザの口コミを通じて日々拡大しています。


DeNAってPC向けオークションサービスのBiddersしか知らなかったのだが、いつの間にかモバイル事業に本格参入していたのか。モバオクもかなり流行っているとか。

今のところ、mixiもGREEもケータイからも利用できるがあくまでPCの補完的ツール。ケータイ「でも」できる程度。このモバゲータウンはケータイ専用、完結するのである。ターゲットも10代の若者、先発のPC向けSNSが対象外にしているU-18世代を狙っているようだ。
webdogの
モバゲータウン急成長中!
というエントリーによると、
・2006年2月開始
・8月末時点で会員数140万人(11/7時点で200万人)
・月間31億PV(11/7時点で33億PV)
というすさまじい成長力。

責任者のインタビューを読むと、モバオクとモバゲータウンでケータイポータルの覇権を狙っていることが明言されている。

Venture Nowの「DeNA、携帯向け無料ゲーム「モバゲータウン」。アバターコミュニティも」という記事によると、
「モバゲータウン」は、本格的なリアルタイム対戦ゲームを無料で楽しめる携帯電話向けゲームサイト。一度戦った敵に再プレイできる「再対戦」、時間と場所を指定して行う「待ち合わせ対戦」などの機能を搭載している。

 また、「メール」「チャット」「日記」「掲示板」「伝言板」「友達申請」、同一の趣味等を共有する「コミュニティサークル機能」などユーザ同士の交流の場を提供している。ゲームや掲示板において、ユーザは自分の分身となるアバターにより、自分の好みの髪型、服装、アクセサリーなどで表現することができる。

 利用料は無料。FLASHアプリ、ランキング対戦、ネット対戦など開始時は9種類のゲームをダウンロード可能。追加のアバターアイテムを購入する際に利用する仮想通貨「モバゴールド」が1ゴールド=1円で利用できる。当面はキャンペーン等で「モバゴールド」を取得できるようにし、基本的にすべてのサービスを無料で利用できる。

アバター機能もあるようだ。
早速登録してみたところ、名前と性別と生年月日は登録したら変更できない仕組み。初期のアバターは下着姿だった・・・。こりゃカッコ悪いわ。着せ替えしたくなるようにし向けてある。

また機能追加も精力的に行っている。
「モバゲータウン」に地図連動機能
 (地図検索や地図上にマイハウスを建築)
ケータイSNS「モバゲータウン」が多機能化--日記などへの動画投稿を可能に
 (日記への動画投稿、「ミュゥモ」の楽曲情報掲載、「モバコレ」の商品情報提供)


このモバゲータウン、10代を対象にしているだけあって、出会い系サイトにならないような工夫を色々と凝らしているらしい。同blogの関連エントリーによると、
(1)異性との交際を目的としてモバゲータウンを利用する行為
(2)オフ会など実際に出会うことを目的とした記述の掲載や勧誘行為
(3)直メール(モバゲータウンのミニメールではなく実際のメールアドレスによるメールのやりとり)や通話でのやり取りを要求する行為
の3つを「サイト外の出会いを目的とする行為」として明示しているとのこと。また、「自己紹介文やサークル掲示板などでルールやマナーに違反する書き込みがある場合には、1週間すべての書き込み機能が停止」(同blog)という対策も打っている。

ケータイからのインターネット利用者数がPCを超えたという発表があったが、こういうサービスが牽引しているのかもしれない。今後も要チェック。

update:
11/24に成長速度はmixiの倍・9カ月で200万人 携帯SNS「モバゲータウン」の強さという記事が出た。
・収入源:バナー広告とアフィリエイト広告
・売上高:3カ月で4億円
・ユーザー層:高校生=約40%(10代=約7割、20代=残り3割)
・男女比は6対4
・1日あたりの日記投稿数は15万回
・掲示板投稿数は80万回
・メッセージ送受信回数は250万回
(それぞれ9月の実績)

ビジネスモデル:
・広告モデル
・ゲーム内通貨「モバG」(モバゴールド)
  −アバターアイテムを購入に必須
  −入会時に300Gもらえる
  −友人招待(300G)、広告クリック(2G)、スポンサーサイト登録(50〜300G)
   提携ECサイトでの買い物
・「アバターを飾りたい」というユーザーの欲求=集客と広告収入のドライブ
・アバターアイテムを有料にすると利用ハードルが上がってしまうため、
 アイテムに直接課金するのではなく、広告からのアフィリエイト収入を
 仮想通貨に代えるスキーム採用
・ユーザーからは「モバGを貯めるのが面倒」とモバGの現金販売を望む声も
 高まってきており、販売も検討中
| 11:08 | innovation+marketing | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 11:08 | - | - | - |










トラックバック機能は終了しました。
| / |
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES


無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ