Never too late. Go for it!

イノベーション、リーダーシップ、そしてキャリアについて考える
(最近は、マネジメント、マーケティング、資産運用もちょっとずつ)
<< 予選突破! | TOP | 怒鳴られる日々 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
失格らしい
まぁ、コミュニケーション不足が原因なのだけど。

改めて振り返ってみると、そもそも認識がズレていたのだろう。
部下は前のリーダーが担っていた仕事を、暫定的に引き継いでいたつもり。着任してきた方からすると、それを担当しているように当然見える。リーダーが慣れ るまではやろうという責任感はあったのだろう。相談しても無駄だと思われていたのかもしれない。相談されることも、もちろん報告されることもなかった。 「話しかけるな」オーラも発していたし、主体的にやることを是としていたように見えたので、あまり細かく進捗確認をすることなく任せていた。シニアマネージャによるレビュー会議も、段取ることがメインで、レビュアーとして何か貢献しうる立場にはないことから必要最小限の人数で充分だと考え、部下に任せ、別の仕事に取りかかっていた。幹部会議へ付議する際に、その事務局から色々質問、さらには資料修正指示が下ることも少なくないが、本質に関わる部分は少ないので、任せていた。そのうち、最低限の事後共有すらなくなり、直接マネージャらとやりとりするようになり、マネージャも直接指示を下すようになってきたので、やりづらいと感じていたところだった。

やられた・・・。
完全に自分の眼力のなさが原因なので仕方ないのだが。「丸投げして、何も手伝ってくれない。」とクレームが上がったらしい。ほとんど定型的な作業で、アタ マを使う類のものではない。日程調整やら設営やら。確かに他室部と短時間に折衝して判断を下す必要があるものもあるが、ごく一部。幹部への事前説明後に主管の代わりに資料修正を行う必要もあるが、そのために数名が全員レビューに参加することが必要だとも思わない。しかし、本人も周りもマネージャ達も、「アイツは部下に丸投げしてサボっている」と烙印を押した。

しまいには、何を言っても冷静に受け止めようとする態度が気にくわない、二次会にも来ない(忠誠心が足りない)、ダブルインカムならどんな低評価を下しても喰うには困らないだろう、何が言いたいのかわからない、と。


特殊な異動だっただけに、周りに気を遣いすぎていたこともあるのか、全てが悪い結果となって返ってきた。自分のスタイルを封印し、不得手なことをやっている自覚もあったが、やはり無理なことをするもんじゃないなと。アホくさい政治闘争やら、ドロドロの感情対立も、時代錯誤な雰囲気も、理不尽な事も多すぎる。が、自分の能力不足が引き起こした事でもある。心の糸を切らさずに、自分のスタイルに自信を持って、再スタートを切ってじっくりやっていくとするか。
| 12:23 | leadership+management | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 12:23 | - | - | - |

これに似たことを経験しました。結論的に言えば、上司も部下もあなたも「甘え」の中にいるということです。「たぶん〜してくれるだろう。」という風に依存しすぎ。不健全な関係です。それを自覚したうえで、彼らが安心する仕事のやり方をしてあげねばなりません。なぜなら、その不健全な仕事のやり方に慣れ切っているからです。たぶん、彼らは脳髄で仕事をしてます。その仕事の本来の意味とか、社会的な意義などは考えていないでしょう。
| 天気晴れ | 2009/10/02 5:39 AM |










http://aspolo.jugem.jp/trackback/996
| / |
CATEGORIES
FEEDS
SEARCH THIS SITE
カスタム検索
RECOMMENDATION

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES

LINKS

無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ