Never too late. Go for it!

イノベーション、リーダーシップ、そしてキャリアについて考える
(最近は、マネジメント、マーケティング、資産運用もちょっとずつ)
<< 失格らしい | TOP | 上司にゼロから作り直される >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
怒鳴られる日々
仕事の出来が悪く、転勤してから毎日のように御指導を受ける。「何が言いたいのか判らない」から始まるのだから致命的…。過去の経緯や役割分担などをほとんど知らない自分と部下の2人でやっているのもあるが数回の説明も全敗。さすがにやばい。

補佐業務もほとんど部下にフォローしてもらっている状況に陥っており、完全に後手後手。日々下る作業指示すら、ギリギリこなせるかどうか。上司の先回りまでは到底無理…。何か企画したり問題解決するために時間も割けず脳みそも割けず。だから状況は悪循環していく。

唯一兆しが見えつつあるのは戦略策定の部分。部下から補佐業務の大半を受け、戦略策定に集中しやすくしたのがよかったようだ。まぁ、結局手の回らない自分を見かねて、やってもらっている事も多いのだが。その度に感謝を言葉で表している。が、またクレームにならないようなんとかせねば。

自分の無能さに、恥じる日々。
| 01:01 | diary | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 01:01 | - | - | - |

ま、どなられてるということは、期待されているということ。期待も何も無ければ何も言ってはこないですよ。無視されるだけ。人として謙虚な気持ちを持ちつつ「叱る」ことができる人がどれだけ出来ているかを、思い知らされる出来事ですね。
| 天気晴れ | 2009/10/02 5:43 AM |










http://aspolo.jugem.jp/trackback/997
| / |
CATEGORIES
FEEDS
SEARCH THIS SITE
カスタム検索
RECOMMENDATION

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES

LINKS

無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ